メインイメージ画像

増加が見込まれる新卒の保育士の求人について

再就職が難しい昨今ですが、保育士の求人数は、増加する傾向にあります。いわゆる待機児童問題を解決すべく、保育園等の増設に加えて、人材確保が急務になっていることから、今後は新卒の受け入れを行う施設も大幅に増えると思われます。これは現場における経験の多い団塊世代が、次々と定年退職を迎えていることも関係しており、二重の意味で人材不足になっているのです。ベテラン保育士の人材確保を同時に勧める自治体が多く、求人の倍率はこれからもどんどんと上がっていくことが予測されています。

また、待遇面にも変化が見られています。経営の厳しい保育所などがある一方で、助成金などを使って支援する枠組みを作る自治体も増えているからです。

少子高齢化は日本中の課題であり、安心して子育てを出来る環境は、地域の活性化にも直接結びつきます。一年中子供の面倒を見なければいけないイメージを覆すことも重要であり、個々のハッピーな人生を保証し、福利厚生を充実させることは、将来の保育士ゲットにもつながる重要な内容の為、重点的に注力している施設も増えているのです。

少子化対策に関連した政策の立案など、日本政府もそれを推進するために動いています。

現場にその効果が波及するのは、時間がかかると思われますが、貴重なビジネスチャンスでもあるため、先行投資ということで投資する企業もあります。
自治体の保育所が足りないからと、企業で保育所を用意して、子供連れで通える環境を作る会社もあるほどです。このように、保育士の働き口は増えているのです。



さらに近年は、保育所でもインターンシップの受け入れを始める施設が増えています。これは、新卒保育士の定着率を上げる目的もありますが、早めの人材確保が保育園にとっても急務であること、開かれた環境や人材交流が重要であることも示しています。労働環境の透明化などの意味合いも存在するため、新卒保育士が様々な職場から保育所を選択することが出来るようになることは、職場と働く人材と、そこに通う子供たちにとって大変幸福なことと言えます。

更新情報